利用規則

当館はすべてのお客さまに、安全かつ快適にお過ごしいただきますように、宿泊約款第10条に定めのある通り、以下の規則をお守りくださいます様お願いいたします。 この規則をお守りいただけないときは、宿泊約款第7条により、ご宿泊契約及びこれに関連する契約を解除させていただく場合もございます。

1.
当館客室は、すべて禁煙室です。(2018年4月1日以降)
室内での喫煙を確認した場合には、消臭対応費(20,000円)を請求致します。
また、禁煙に起因する建造物、家具、備品その他の部物品損傷・汚損等が生じた場合、故意・不可効力を問わず修繕費用を請求致します。
※喫煙には電子タバコを含みます。
2.
敷地内の指定された喫煙スペース以外、火災の発生しやすい場所及び廊下やロビー等での喫煙はご遠慮下さい。
3.
ホテル内で暖房用、炊事用等の火気は使用しないで下さい。
4.
豆陽亭客室のドアキーは手動式です。客室から出られる時は必ず施錠をご確認ください。 ※豊洲亭はオートロック式です。
5.
お忘れ物、遺失物についての保管期間は3か月以内とさせていただき、3か月を超過したお忘れ物、遺失物は処分させていただきます。尚、現金・有価証券・貴金属類の貴重品については法令に基づいて取扱いさせていただきます。
6.
現金その他貴重品の保管につきましては、必ず客室備え付けの貸金庫をご利用ください。貸金庫をご利用いただかずに現金又は貴重品を紛失したり、破損・盗難にあわれましても、その損害の賠償は致しかねます事をご了承下さい。
7.
お買い物代、切符代、タクシー代、郵便切手代、お荷物発送料等(着払いを含む)のお立替はお断りさせていただきます。
8.
ご宿泊当日にご予約をいただいた場合等、ご到着時にお預かり金を申し受ける場合がございます。
9.
3泊を超える長期のご滞在中に、途中精算をお願いする場合がございます。
10.
館内の売店、バー、居酒屋、ラウンジ等をご署名によってご利用される場合は、必ずルームキーをご提示下さい。
11.
料金のお支払いは現金又はクーポン券、もしくはクレジット・カードによりフロントにてお支払下さい。尚、旅行小切手を含む小切手での支払い及び両替には応じかねます。
12.
館内に次のようなものをお持込にならないで下さい。
(1) 動物などのペット類(犬、猫など哺乳類全般・爬虫類・鳥類、他)
上記の定めに関わらず、身体障がい者補助犬法に定める盲導犬・聴導犬・介助犬の同伴は可能です。
(2) 悪臭・異臭を発生するもの
(3) 著しく多数量の物品
(4) 火薬・揮発油など発火または引火しやすいもの
(5) 鉄砲、刀剣
(6) その他、他のお客様の安全を脅かす物件とみとめられたもの
13.
館内の諸設備、諸物品を当館に相談なく他所へ移動させる等、現状を変更するようなことはなさらないで下さい。
14.
不可抗力以外の理由により、建造物、家具、備品その他の物品損傷、紛失あるいは汚損された場合には、相当額の弁償をいただく場合がございます。
15.
客室を当館の許可なしに宿泊以外の目的に使用しないで下さい。
16.
館内の営業施設以外の場所に、許可なく立ち入ったり、立ち入りを強要したりなさらないで下さい。
17.
館内のレストラン、宴会場、食事処への飲食物のお持込はお断りしております。(館内でお買い物求めいただいた物も含む)持込が判明した場合、持込料をいただきます。
18.
入れ墨・タトウーをされている方の大浴場ご利用はご遠慮いただいております。何卒ご了承下さいませ。
19.
館内では、当館の許可なしに広告物の配布・提示または物品の販売等はしないで下さい。
20.
廊下やロビーなどに所持品を放置しないで下さい。
21.
当館の外観を損なうようなものを窓に陳列しないで下さい。
22.
客室に外来のお客様をお招きにならないで下さい。外来のお客様が来館される場合は、1階ロビー・ラウンジにてご面談下さいませ。
23.
未成年者のみのご宿泊は特に保護者の許可がない限りお断りさせていただきます。
24.
館内で撮影された写真を許可なく営業上の目的で公になさることは、法的処置の対象となることがありますのでご注意下さい。
25.
次の各号に該当する場合は、宿泊約款5条の3と7、及び第7条の1と2と6により直ちに当ホテルのご利用をお断りいたします。
(1) 利用者が反社会的団体または反社会的団体員(暴力団及び過剰行動団体並びにその構成員)であることが認められたとき。
(2) 暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求及びこれに類する行為が認められたとき。(かつて同様な行為をされた方についても同様にご利用をお断りいたします)
(3) 心身耗弱、薬品等による自己喪失等により、他のお客様に恐怖感、不安感を及ぼす恐れが認められるとき。
(4) 館内及び客室内で、賭博その他法令や公序良俗に反する行為をしたと認められるとき。
(5) 館内及び客室内で大声、放歌及び喧騒な行為その他で他者に嫌悪感を与え、また迷惑を及ぼしたと認められるとき。
(6) その他、上記事項に準じる事情のあるとき。
26.
暴力団等反社会的勢力及びその関係者並びに公共の秩序、善良の風俗に反する恐れのある場合には、予約成立後あるいはご利用中であっても、事実が判明した時点でお断りさせていただきます。
27.
本規則は日本語と英語で作成されますが、規則の両文の間に不一致または相違があるときは、日本文がすべての点について支配するものとします。
28.
本規則に関して生じる一切の紛争については、当ホテルの所在地を管轄する日本の裁判所において、日本の法令に従い解決されるものとします。

以上

ご予約・お問い合わせ(受付/9:00~19:00)TEL 0155-46-2231
第一ホテルオンラインショップ
ページ先頭へ