温泉を楽しんでいtだくための上手な入浴方

1番 まずは「かけ湯」

お湯を体に慣らす必要があるため、心臓から遠い足から腰まで念入りに!
これがのぼせや貧血を防ぐ秘訣です。

体を慣らす「半身浴」

2番 体を慣らす「半身浴」

体を慣らし、温泉や水圧による心臓の負担を減らしましょう。半身浴が苦手な方は、
浮力を使って寝た状態で全身浴をしてみましょう

3番 体を洗いましょう

湯舟で温まってから体を洗うと古い角質もやわらかくなり、
入浴時聞は、ほどほどに毛穴も聞いて、汚れが浮き出てきます。しっかり洗えて効果的ですね。
お化粧をしている場合は、かけ湯の時に洗顔しておくと、お顔の角質も取れやすくなります。

4番 入浴時聞は、ほどほどに

おでこや鼻の頭が汗ばむ程度が目安です。温泉によって違いますが、初めは3分~
長くても10分程度にして、慣れてくるにしたがって少しずつ入浴時間を延ばして
いくのが効果的です。

浴後のシャワーは浴びないで5番 浴後のシャワーは浴びないで

せっかくのモール温泉の効果が薄れてしまいます。
体を拭くのも、水滴をぬぐう程度が良いでしょう。
ただし、「湯ただれ」をおこしやすい人は、逆に真水で体を洗うか、
温泉成分を拭き取った方が良いでしょう。

水分補給はたっぷりと6番 水分補給はたっぷりと

発汗により体内の水分が少なくなっています。水分の補給は冷たい飲み物よりも、
ぬるま湯かスポーツドリンクなどが良いでしょう。
吸収が早くて、体やさしいものをおすすめします。

ゆっくり休みましょう7番 ゆっくり休みましょう

入浴はエネルギーを消費し、血圧が変動しやすくなります。
入浴後は体調を安定させるため、少なくとも30分は休息を。
湯冷めにも気をつけてくださいね。

入浴回数は、1日に2~3回が限度。何度も入浴するのは体に負担がかかり逆効果です。
ご予約・お問い合わせ(受付/9:00~19:00)TEL 0155-46-2231
第一ホテルオンラインショップ
ページ先頭へ