さまざまな湯舟で「モールの湯」をお愉しみください

● 十勝川温泉の歴史

温泉の記録は明治七年(一八七四)「北海道地誌要領」が最も古く、「音更川湯、河東郡ニアリ、泉質未詳」とあります。この一帯は当時、葦の生い茂る湿地帯でした。小さな沼が点在し、常に生ぬるい湯が湧き出しており、その周辺は冬も凍らないことから鳥や獣の休憩場になったほか、アイヌの人たちの間では「薬の湯」という語り伝えもありました。

北海道遺産明治三十三年(1900)、依馬嘉平が自然に湧いているぬるま湯を一㍍四方の箱に引き、沸かして近所の人々と利用したのが温泉の始まりです。その後、本別の前田友三郎が温泉の価値を予見し、大正二年(一九一三)に手掘り工事で掘削すると30~36℃の温泉が吹き出しました。そこで本格的な温泉経営に乗り出し、二階建て七〇坪という豪華な旅館が完成、これが今の「笹井ホテル」の前身です。 昭和三年(一九二八)には雨宮駒平が機械工法によるボーリングを試み、湯量も豊富な42℃の温泉掘削に成功。当時の小樽新聞にも大きく報じられました。温泉は当初「下士幌温泉」と呼ばれていましたが、その後「雨宮温泉」という呼称を経て、昭和初期に「十勝川温泉」になりました。昭和9年頃には、温泉旅館は「笹井旅館」、「雨宮館」、「十勝川温泉ホテル」、「観月」と四つになり、小料理屋や雑貨店、土産店もでき温泉街の形が整っていきます。帯広からはバスも運行し、十勝川の対岸には渡船でいつでも行き来できるようになりました。

国際情勢が悪化した戦時下においては、温泉経営は苦境を余儀なくされましたが、戦後復興とともに息を吹き返し、昭和二十五年(一九五〇)帯広市で開催された「全国レクリエーション大会」で指定宿泊施設として利用されたことや、二十九年(一九五四)の両陛下御巡幸で「十勝川温泉ホテル」がお泊り所の栄に浴するなどで、全国に名を知らしめ、折からの観光ブームにも乗って温泉は発展していきます。 十勝川温泉の宿泊可能の収容人員は一日4200人前後、現在の市街地はホテル、民宿、飲食店、土産屋など十八軒、公共施設四ヵ所で構成されています。

※出典資料「音更百年史」

ご予約・お問い合わせ(受付/9:00~19:00)TEL 0155-46-2231
第一ホテルオンラインショップ
ページ先頭へ